FC2ブログ
スポンサードリンク

マインドマップをiPhoneとPCで同期して使う(with iThought & Box.net) はてなブックマーク - マインドマップをiPhoneとPCで同期して使う(with iThought & Box.net)

自分は道端でメモをするとき、文章よりも単語をつなげる方が好きだったりする。
たとえば下のような。
HDD整理
ホントのマインドマップの使い方とは違うのかもしれないけど、
こういう用途にはマインドマップアプリが便利。

で外で使っているのがiPhoneアプリのiThoughts

うちに帰って編集するのがFreeMind。で二つを同期するのがBox.netというウェブサービス。

iPhoneから使う場合はマインドマップを作ったら、右上のメールアイコンをタップ、
send to box.netでBox.netの好きなフォルダにUPできる。
ithought.jpgithougth (4)
このままだとアップデートのたびにいちいちメールアイコンからUPしなければいけないため、
Maps画面からそれぞれのファイルをBox.netに紐付ける。

Transferからbox.net downloadを選び、先ほど保存したマップをタップすると、
上書きしますかときかれるのでyes。
ithougth.jpgithougth (2)
25 10 22 14s125 10 22 20s1


これで右側にbのアイコンが出て、ここからbox.netとの同期が出来るようになる。
iPhoneから変更を加えた場合は赤丸が出るので、Box.netにコピーするのを忘れずに。
ithougth (3)25 10 28 49s1

でこのファイルをPCから使う際にはBox.netをネットワークの場所に追加して、
他のドライブなどと同じようにして使うのが便利。

やり方はコンピュータを開いてファイルからネットワークの場所を追加する。
2010y04m25d_104308546.jpg

で指示に従ってすすめ、参照場所にhttp://www.box.net/davと入力。
ユーザー名とパスワードが聞かれると思うのでそれを入力。あとはまた指示に従う
2010y04m25d_104717220.jpg
2010y04m25d_104730766.jpg
2010y04m25d_104740576.jpg
2010y04m25d_104745644.jpg

これであとは他のドライブと同様に開くことが可能。
2010y04m25d_104821990.jpg

これでネットにつながっている限りはPCで編集したものが自動的にBox.netに同期される。
(というか、直接Box.netのファイルを編集している)
もしモバイルPCなどでネットにつないでいないときもファイルを使いたい場合にはローカルのフォルダと
Box.netのフォルダを同期するソフトなどがあるとよさそうだけどそこまでしたくないのでここまで。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事

7の64bit版を導入したらソフトとハードのサポタージュがひどいのでVistaに戻すのこと はてなブックマーク - 7の64bit版を導入したらソフトとハードのサポタージュがひどいのでVistaに戻すのこと

最近PCの重さが気になったりしていたため、軽いと評判の7の導入を検討しておりました。
そして家のPCはヒューレット・パッカードのm9680jpというモデルでHDDが二つ内蔵できます。
ということでHDDをもう一つ買ってそちらに7をインストールして起動時にどちらかを選べるという
デュアルブートをしてみました。

この判断はかなりGOODだったみたいです。7を買ったことは失敗だったかもしれませんが。

今自分がPCでしていることは

・ネットサーフィン
・TV録画→変換→iPhoneと同期
・webラジオダウンロード→iPhoneと同期
・地デジ鑑賞

といったところです。

でこのうち7の64bit版で問題なかったのは
・ネットサーフィン
これだけでした。

ということで本日7を入れたHDDはフォーマット、EasyBCDというソフトでブートマネージャーを直しVistaに元通りです。
以下どんな懐柔手段をとってもサポタージュをやめてくれなかった方々のお話です。

まず地デジはもともと内蔵されていたPixelaのソフトが起動しませんでした。
HPをみてみると最新版のチューナーはどうやら7に対応しているようなのですが、
OEM版のものはどうやら7には対応していない模様。
いろいろドライバやソフトをインストールしてみましたがだめでした。

WebラジオはGetASFStreamという
ソフトでダウンロード、iTunesで変換してiPhoneで聞いていたのですが、
GASと一緒についてくる簡易URL解析ソフトが起動せず、これまたいろいろ検索してみましたが未解決。
本体でダウンロードできるところも多いのですが、自分としてはやりづらいことと
ダウンロードできないサイトも多いためかなり微妙。

おまけにTVの変換はWindows Media Centerの拡張子が変更されているというサプライズ。
これで前の記事のほうほうでの変換が不可に。
探せば別の方法もありそうですがここまでくると試す気力が起きませんでした。

ということでせっかくの7はモバイル用の今は販売されていないLOOX P(評価用の7インストール済み)
で活躍してもらうことになりました。
この調子だとデスクトップが7に置き換わるのはもう少し先の話のようです。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事

Windows Media Centerで録画したアナログの番組を変換してiPhoneで見る はてなブックマーク - Windows Media Centerで録画したアナログの番組を変換してiPhoneで見る

前の記事ではアナログ放送を録画したものをiPhoneで見ていると言っていたのですが、
この仕組みを作るのは結構紆余曲折がありました。
やることはパソコンで録画したファイルを携帯・iPhoneで見れる形式に変換して、コピーしてあげればいい、
とこれだけなのですが、これがなかなか難しい。

というのも自分が録画に使っていたのはPCに備え付けだったWindows Media Centerで、
録画したファイルの拡張子がdvr-msという見慣れないものだったからです。
とりあえずいろいろ検索してみたのですが、これを他の機器で見れる形式(mp4とか)に変換できるソフトは
自分の力では数えるほどしか見つかりませんでした。

でいろいろ試した結果、落ち着いたのはこの方法です。
1.MCEBuddyというソフトでWindows Media Centerで録画したファイルをiPhoneで見れるmp4に変換
2.フォルダ監視というソフトで変換した場所を監視し、ファイルが追加された際に
  iTunesへファイルを追加するプログラムを起動するように設定、
  変換が完了したファイルがiTunesに自動で登録されるようにする。
3.iTunesのiPhoneの同期の設定のムービーで、すべての未再生のムービーを同期するよう設定。

ちなみに携帯で見ていたころは2の代わりに携帯動画変換君を使わせてもらい、
手動で携帯のSDカードにコピーしてました。

この方法のいいところは
○録画したものが自動的にiTunesに登録までされる(あとは同期を実行するだけ)
というところです。Windows Media Centerでシリーズ録画をしておけば、クールの変わり目に
シリーズ録画を整理するだけで毎回未再生の録画を持ち運ぶことができます。
(番組の変更などがなければ、ですが。)

逆にこの方法のデメリットとしては
●変換するファイルを選べない
ことでしょうか。最初の変換をする際など、大量のファイルを変換する際には困りものです。
また変換後のファイルを移動や削除した際に、元のファイルが残っているとまた変換が始まってしまいます。

ただこの場合は変換したくないファイルを退避させる、
あるいは変換したいファイルを移動させて、変換元のフォルダをいじるなどの対応は出来ます。

ちなみに自分の場合は主に深夜アニメを録画して夜のうちに変換、朝同期して通勤電車で見る、
という用途で、基本的には毎日多くても1,2時間のファイルができるだけで
その日の夜に変換が追いつかないなどのことはありませんでした(PCの性能にもよるでしょうが)。

またWindows Media Centerのシリーズ録画は最新のもののみ残しておく設定にしてあるので、
クールの境目にシリーズが終わったものだけちゃんと変換されたのを確認して削除しておけば
ファイルを移動させたときなどにまた変換が始まってうざい、などといったこともおきませんでした。
もとのファイルを残しておきたい場合は定期的に古いファイルを移動させるのがよいかと思います。
(ちょっと面倒ですが)

もっとよく探せば1つで変換から登録までしてくれるソフトもあるのかもしれませんが、
とりあえずこれで不便はないので満足しています。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク