FC2ブログ
スポンサードリンク

WiMAXのオプションサービス、Wi-Fiや機器追加・切り替え、学割についてメモ はてなブックマーク - WiMAXのオプションサービス、Wi-Fiや機器追加・切り替え、学割についてメモ

機器切り替えサービスが結構面倒なため、
早くもniftyから切り替えたい気持ち満々なので各プロバイダのオプションについてメモ。
意外と細かいところで違いがあるので、目的によってぴったりなプロバイダが違うかも。

・Wi-Fiサービス
ヨドバシ(ワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAX)が圧勝。
ワイヤレスゲートはモバイルBBとLivedoor Wirelessが使える。
前者はマックやルノアールをはじめとした喫茶店の一部
(全部のマック、ルノアールで使えるわけではない)で、
後者は街中や駅などで使える場所がある。

外でインターネット、と考えたときに
喫茶店やベンチのある場所、駅などは候補に上がりやすい場所なので
これは結構便利。

ほかに本家UQ、ヤマダ電機、DISでも都営地下鉄、新幹線、空港などと
範囲は狭いがWi-Fiサービスが使える。
@nifty、So-net、BIGLOBEなどのプロバイダではどうやらWi-Fiはないっぽい。

・機器追加、切替オプション
本家UQでは月200円でWiMAX回線を使用できる機器を1台、最大2台まで追加できる。
ただし同時に接続は出来ない。
家では据え置きのWM3400RNを使って外ではWiMAX搭載PC、
WM3300Rのようなモバイルルーターを使う、といった使用方法には便利。
同様のサービスがヤマダ、DISにもある。

@niftyは機器切替オプションというものがあり、
月中に切替を行うと1台毎に200円追加料金がかかる。

たとえばWM3400RN→WM3300Rに切り替えた場合と、
同月中にWM3300R→WM3400RNともう一回切り替えた場合が同じ200円になる。
ちなみにWM3400RN→WM3300Rに切り替え、
翌月以降ずっとWM3300Rを使っている場合は通常料金のみ。

追加オプションは前もって申し込みをしておき、登録していた機器はすぐに使えるイメージ、
切替オプションは現在使用している機器以外を使うときはもう一度契約しなおすイメージ。

So-netでは機器交換サービスというものがある。これはどちらかというとオプションというより、
修理などが必要なときに登録した機器を変更する、というシーンを想定しているらしい。
これは一回切り替えを行うごとに105円かかる。
手間自体は@niftyとかわらなそうだが、切り替えごとに105円かかるので
頻繁に機器を変更する使い方には向かなそう。

niftyとSo-netは変更をした月のみ料金が加算されるというメリットはあるが、
切り替えに手間がかかるので機器追加オプションのほうがベターだと思う。
ちなみにヨドバシ、BIGLOBEでは機器追加変更サービスは行っていない様子。

・学割
DISは学割で月額が3480円になる。これは今12ヶ月限定のキャンペーン中の
3780円よりも安いので学生は検討の余地あり。(2011/1現在終了した模様)

とまぁプロバイダごとの違いはこんな感じでしょうか。

切り替えやWi-Fiが関係ない、というなら
キャンペーンを加味して安いところを選ぶのがいいかと。
その際には縛りの有無には気をつけたほうがいいと思います。

たとえばBIGLOBEのiPod Touch無料のキャンペーンは24ヶ月の利用と、
そのうち20ヶ月で2段階の上限利用が必要だったりします。
これはWiMAXのメリットのひとつ、縛りのなさを完全に捨てています。


家では固定のようにWiMAXを使い、
同時に外でもネットがしたい(家族兼用)ならヨドバシが有力です。
外でネットをしたいときはマックなどに入れば、
席にもよりますが大体ネットにつなげられます。
他の携帯端末(iPhoneとか)で使えるか確認しないと時々はずれの店に入っちゃいますが。
まぁそれだったらふつーにワイヤレスゲートのヨドバシプラン(380円)でもいいんですけどね。

自分の場合は1人暮らしなので機器切替を使い、いろいろな場所で使える本家UQ、
ヤマダ、DISがイイキャンペーンをやっている時に乗り換えたいところです。
とりあえずは@niftyのキャッシュバック待ちですけどね。

UQ WiMAX
YAMADA Air Mobile WiMAX
ヨドバシ.com-ワイヤレスゲート Wi-Fi + WiMAX
@nifty WiMAX
So-net モバイル WiMAX
DIS mobile WiMAX
スポンサーサイト
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事

光からniftyのWiMAXサービスへ変更、満足な点と不満な点 はてなブックマーク - 光からniftyのWiMAXサービスへ変更、満足な点と不満な点

光からヤマダのキャンペーンでWM3400RNを入手、
その後@niftyに乗り換えてWM3300Rと併用してみての感想

1.家でWM3400RNでの通信は最初の読み込みがワンテンポ遅れる印象。
 しかしそれ以外はでかいソフトや動画を落とすのでなければ問題なし。ストリーミングの動画も問題なし。

2.@niftyは機器切替を使ってモバイル機器でも気軽にネットを、という用途には向かない。
 機器切替サービスは切替のたびに情報登録&データ通信が必要でさっと使えるレベルじゃない。

3.ヤマダは開始月は日割り計算。解約月の料金を聞いていてなかったが、
 解約月も日割りだったら契約当月解約の負担はさらに減る。

4.家電量販店は店舗によってネットよりいいキャンペーンやってる可能性があるので、
 近場に複数の店舗があったら見てみる価値あり。

以下詳しい内容を

続きを読む

web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事

光→WIMAXプランの比較検討(Aterm WM3400RN前提) はてなブックマーク - 光→WIMAXプランの比較検討(Aterm WM3400RN前提)

昨日ヤマダ電機にtry WiMAXの機器を返しにいったところ、
なんと現在WiMAXに申込をすればWM3400RNがキャンペーンで1950円になることが発覚。
よってこのたび他社のプロバイダのプランと比較・検討することとなりました。
(ただチラシなどにはなく、問い合わせが多かったため
 店員が特別に対応といった雰囲気でした@渋谷店)

他の家電量販店のプランは公衆wi-fiの無料追加などがあるものの、
端末の割引がしょぼいのでとりあえず置いておいて、
加入費無料やキャッシュバックのあるnifty、so-netと比較してみます。

登録手数料 登録月料金 キャッシュバック WM3400RN料金 固定費用計
ヤマダ 2,835 3,780 0 1,950 8,565
@nifty 0 0 10,000 18,087 8,087
So-net 0 0 12,000 18,087 6,087

これだけ見ればSo-netの勝利です。ちなみに端末料金はカカクコム調べ。

2ヶ月目以降1年間の比較は
2ヶ月目以降料金 縛りなど
ヤマダ 3,780
@nifty 3,500+262=3,762 キャッシュバックは9ヵ月後 機器の切替に毎回ログインが必要
So-net 3,770+210=3,980 キャッシュバックは6ヵ月後

となって、So-netは一年間で見ると月額料金の差から他の2社とほぼトントンになります。
@niftyとヤマダでは最初の固定費・変動費ともにほとんど代わらないだけに、
@niftyのキャッシュバック条件が重く見えます。

これがモバイルルーターも使うとなると下記のとおり。
登録手数料 登録月料金 CB WM3400RN WM3300R 固定費用計
ヤマダ 2,835 3,780 0 1,950 16,152 24,717
@nifty 0 0 10,000 18,087 4,000 12,087
So-net 0 0 0 18,087 0(レンタル1年無料) 18,087

@niftyの費用はAterm WM3300Rの15,000円割引が効いてヤマダの半額、So-netの2/3程度に。
ヤマダは登録月の手数料と使用料が効いていて最下位。
So-netはレンタルを使うとキャッシュバックが付かなくなるのが痛いです。
ただし@niftyはキャッシュバックが9ヵ月後になる上にAterm WM3300Rはnifty専用。
解約したら他の業者では使えないという制約もあります。

でniftyを使うならヤマダも登録してすぐ解約するという手も。
登録手数料 登録月料金 CB WM3400RN WM3300R 解約手数料 固定費用計
ヤマダ&@nifty 2,835 3,780 10,000 1,950 4,000 2,100 4,665

あれ?ヤマダか@nifty単体で登録するより安い?ふしぎ!
というかこれはAterm WM3400RNを10,665円で買っているのと同じですね。
モバイルルーター(Aterm WM3300R)だけ使う人は@nifty単体の方が安いですよ。もちろん。

さてさて、キャンペーンを比較してきたのですが、最後に光から乗り換えたときの損益を。
現在自分はOCNのBフレッツを使っていて、合計4,409円の使用料。
ヤマダ(@nifty)に変更した場合は一年間は使用料3780(3762)円で
光と比べて629(647)円安いです。

ヤマダに乗り換えて一年使うとすると629×12=7,548円で
WM3300Rを買わない場合(最初の表)、1000円の赤字。
WM3300Rを買う場合はさらにその代金分費用がかかります。

ヤマダでAterm WM3400RNを入手して@niftyに乗り換える場合(一番下の表)は
9ヵ月後にキャッシュバックもらった時点で1000円ほどの黒字、12ヵ月後は2,800円ほど黒字です。

一年経ってからはWiMAXの方が50円ほど高いですけど、
200円の機器追加でモバイルルーターを使って
380円のワイヤレスゲートのヨドバシプラン解約で十分元は取れてるという状況です。

というわけでヤマダでAterm WM3400RNを入手後すぐ解約、
niftyで9ヶ月以上使うという方向で考えてます。
これで損をする流れは
・Aterm WM3400RNを10,665円以下で入手する方法がある
・Aterm WM3300Rが4000円以下で手に入る、1万以上キャッシュバックなどの
 niftyより魅力的なプランが出てくる
といったところでしょうか。

Aterm WM3300Rがnifty専用だったり、機器切り替えに一手間かかるのはちょっといやなんですが、
固定のネット環境のまま、外でネットできるようになって
(9ヶ月使い続ければ)今より安くなる、というところでまぁ悪くない選択なのではないでしょうか。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事

光からWIMAXへ乗り換え検討 はてなブックマーク - 光からWIMAXへ乗り換え検討

2010/8/17現在、私のネット環境は
・光(マンションタイプ)
・iPhone3GS
・(寝かせている)イーモバイル
・ワイヤレスゲート(ヨドバシ)

となっています。

イーモバイルは一年前の時点だとiPod touchをつなげたり、
遠出するときのPC接続用として使っていました。
しかしiPhone3GSを買ったのでtouchを持ち歩かなくなったこと、
つなげられる場所は限られるが安く済むワイヤレスゲートを契約したこと、
などにより現在は使っていません。

そんなネット環境に特に不満はなかったのですが、
調べてみるとWIMAXは家の固定の代わりに使って今の光よりも安くなる可能性があり、
なおかつ300円/月ほどで接続する機器の追加ができる=モバイルでも使えそうだったので、
今回検討してみることにしました。

まず、ためしに15日間無料でWIMAXを利用できる「try WIMAX」を利用してみました。
今回使ったのはヤマダ電機の店頭で申し込むもので、
沖電気製 USBカード端末+WiFi-GWセットのものです。
外で使うときはUSBをPCに挿して接続、
家ではコンセントにつないだ本体にUSBを挿してそこに有線・無線LANを接続します。
resize0017.jpg


今回は家で試したので、現在契約している光の終端装置のLANケーブルを引っこ抜いて
上の写真のUG01OK/UD01OKに付け替えるだけで操作は完了しました。
光とWIMAXの速度はそれぞれ下記の通りです。


917350694.png

WIMAX
917316640.png

数字だけだと10倍以上違うわけですが、自分の使い方だとそれほど気になりませんでした。
気になったのは
・読み込みが始まるまでの反応がちょっと遅く感じる
・配信する動画を途中から見たいときに読み込みを待たなければいけない
・試してないけど大きいファイルをダウンロードするときはちょっと時間かかりそう
といったところでしょうか。

端末はこの沖電気のUG01OK/UD01OKを固定回線に、
そのほかに無線LANを使えるモバイルルーターを買って追加登録、と考えたのですが、
どうやら現在この機種は売っていないらしく、かつ今ある有線LANのルータータイプは
あまり評判がよろしくないようです。

で今月にNECから出るAtermWM3400RNを狙っています。
WIMAXは本家のUQのほかに家電量販店やプロバイダで違ったキャンペーンをしているので、
どこかのキャンペーン対象になって安く購入できれば、光を解約してWIMAXを試してみたいところです。

各社のキャンペーンによっては解約金の縛りがあったり、
セットで安く買える機器が他の会社で契約しなおすと使えなかったりと
気をつけないといけないところは多いです。

しかし家で実用的な速度が出るならば、
家でもモバイルでも使える割安な回線として活躍してくれそうです。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク