スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :- トラックバック : -
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/15-3f8a63e5

Windows Media Centerで録画したアナログの番組を変換してiPhoneで見る はてなブックマーク - Windows Media Centerで録画したアナログの番組を変換してiPhoneで見る

前の記事ではアナログ放送を録画したものをiPhoneで見ていると言っていたのですが、
この仕組みを作るのは結構紆余曲折がありました。
やることはパソコンで録画したファイルを携帯・iPhoneで見れる形式に変換して、コピーしてあげればいい、
とこれだけなのですが、これがなかなか難しい。

というのも自分が録画に使っていたのはPCに備え付けだったWindows Media Centerで、
録画したファイルの拡張子がdvr-msという見慣れないものだったからです。
とりあえずいろいろ検索してみたのですが、これを他の機器で見れる形式(mp4とか)に変換できるソフトは
自分の力では数えるほどしか見つかりませんでした。

でいろいろ試した結果、落ち着いたのはこの方法です。
1.MCEBuddyというソフトでWindows Media Centerで録画したファイルをiPhoneで見れるmp4に変換
2.フォルダ監視というソフトで変換した場所を監視し、ファイルが追加された際に
  iTunesへファイルを追加するプログラムを起動するように設定、
  変換が完了したファイルがiTunesに自動で登録されるようにする。
3.iTunesのiPhoneの同期の設定のムービーで、すべての未再生のムービーを同期するよう設定。

ちなみに携帯で見ていたころは2の代わりに携帯動画変換君を使わせてもらい、
手動で携帯のSDカードにコピーしてました。

この方法のいいところは
○録画したものが自動的にiTunesに登録までされる(あとは同期を実行するだけ)
というところです。Windows Media Centerでシリーズ録画をしておけば、クールの変わり目に
シリーズ録画を整理するだけで毎回未再生の録画を持ち運ぶことができます。
(番組の変更などがなければ、ですが。)

逆にこの方法のデメリットとしては
●変換するファイルを選べない
ことでしょうか。最初の変換をする際など、大量のファイルを変換する際には困りものです。
また変換後のファイルを移動や削除した際に、元のファイルが残っているとまた変換が始まってしまいます。

ただこの場合は変換したくないファイルを退避させる、
あるいは変換したいファイルを移動させて、変換元のフォルダをいじるなどの対応は出来ます。

ちなみに自分の場合は主に深夜アニメを録画して夜のうちに変換、朝同期して通勤電車で見る、
という用途で、基本的には毎日多くても1,2時間のファイルができるだけで
その日の夜に変換が追いつかないなどのことはありませんでした(PCの性能にもよるでしょうが)。

またWindows Media Centerのシリーズ録画は最新のもののみ残しておく設定にしてあるので、
クールの境目にシリーズが終わったものだけちゃんと変換されたのを確認して削除しておけば
ファイルを移動させたときなどにまた変換が始まってうざい、などといったこともおきませんでした。
もとのファイルを残しておきたい場合は定期的に古いファイルを移動させるのがよいかと思います。
(ちょっと面倒ですが)

もっとよく探せば1つで変換から登録までしてくれるソフトもあるのかもしれませんが、
とりあえずこれで不便はないので満足しています。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/15-3f8a63e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。