スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :- トラックバック : -
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/217-0752ce07

3番組同時録画、外付けHDD、ムーブバック対応のレコーダーがこんなに快適だったなんて… はてなブックマーク - 3番組同時録画、外付けHDD、ムーブバック対応のレコーダーがこんなに快適だったなんて…

ソニーから発売中のBDZ-AX2700Tを三ヶ月ほど使ってのレビュー。
この機種を購入したのはBDZ-RX100という機種に不満があったから。
不満は下記の通り。
スポンサードリンク
1.容量が意外と早くいっぱいになる

BDZ-RX100の内蔵HDDの容量は1TB。地デジならDR(標準)モードでも200時間録画できるものの、毎日2時間程度録画していると3ヶ月できつくなってくる(2時間×90日=180時間)。

1クール、3ヶ月ものの番組ならそこでBDにダビングするなりすればいいのだが、2クール、4クールのシリーズが多くなるとちょこちょこダビングしてあげないとやや窮屈。しかし一度ダビングして本体の番組を消してしまうと、コピー制限の関係で新しくBDに焼くことができない。これがダビングの腰を重くしてしまう。
この問題は長時間録画モードをつかえば緩和できるが、画質と容量のバランスをどこでとるかは結構悩んでしまう。

2.録画予約時のチューナー選択に気を使う

BDZ-RX100はダブルチューナー内蔵(=2番組同時録画可能)なのだが、録画時にチューナー1と2どちらを使うか選択する必要がある。

チューナー1は長時間録画と、自動でおでかけ転送ファイルを作ることが可能だが、チューナー2については標準録画のみになる。
これが稀に厄介な現象を引き起こす。

例えばある番組がテレ東で1:00~2:00、またある番組がTBSで2:00~3:00で毎週放送していたとする。この時両方チューナー1で録画すれば、長時間録画、自動お出かけ転送ファイル作成ができる。
しかし何かの原因で放送時間が変更になり、テレ東が1:30~2:30放送となると、テレ東の後半30分か、TBSの冒頭30分が録画失敗してしまう。
もちろん毎週放送時間や予約状況をチェックしておけば問題は無いのだが、ついうっかりというのは起きてしまうものだ。
この場合、多少不便でもTBSかテレ東をチューナー2で録画しておきたくなる。

これらの問題がBDZ-AX2700Tになるといい感じに解決した。

1.内蔵2TBのHDDに加え、外付けHDD(2TBまで)に対応、さらにムーブバックができる

内蔵HDDに2TBの外付けHDDを追加すれば、BDZ-RX100の約四倍録画できるようになった。
なお、BDZ-AX2700Tは外付けHDDにもダビング10の状態で録画できる上に、ダビング10の状態のまま内蔵と外付け間のムーブが可能。さらに外付けHDDは付け替えられる。
つまり内蔵HDDも外付けHDDも容量がいっぱいになりかけたら、一度別の外付けHDDに退避、という運用ができるようになった。
同時に1台しか外付けHDDは接続できず、登録できるのも10台まで、という制限はあるものの、2,3年はHDDだけでも心配なさそう。

さらにこれまでBDに保存していた番組のムーブバックができるようになった。
一度BDに焼いた番組は残念ながらコピーワンスになってしまっているが、例えば容量の少ないBDに複数に分けて録画したものを一度本体にムーブバック、その後一枚のBDにまとめ直したりできる。

2.録画時にチューナーを選ぶ必要がなくなった

BDZ-AX-2700Tはトリプルチューナーなのだが、どのチューナーでも長時間録画、おまかせ転送ファイル同時作成が可能になった。そして録画時には自動的に使われていないチューナーが割り当てられる模様。

これによって録画時に放送時間変更による録画失敗の心配をする必要がなくなった。
その上長時間録画を使える場面が増えたり、お出かけ転送の変換の手間を減らせたりできる。

この他にもBDZ-RX100では録画中にはできなかったお出かけ転送ファイルの作成が同時にできるようになっていたりと、地味に同時にできる作業が増えていたりする。


というなかなかいい機種。これが今ならAmazonでなんと約15万円!
ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 2TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー AX2700T BDZ-AX2700T

高ェ!

いや使い勝手はすごくいいですよ。ただ誰にでも勧められるかというと…もっとコスパがいいレコーダーも多い気がします。

alphabate的レコーダー機能チェック事項

というわけで個人的にレコーダーを買うときにチェックしたいところを箇条書きに。
・チューナーの数(最大何番組同時録画するか)
・予約時に録画チューナーを選択する必要があるか(選択する必要があると地味に面倒で、録画失敗するとダメージが大きい)
・同時に使用不可能な機能があるか(特に録画中使用不可の作業が多いとストレスのもとに)
・ムーブバック、外付けHDDが使用可能か(両方可能なら容量がいっぱいになっても消す番組がない!という事態をとりあえず回避できる)
・動画プレイヤーで番組を持ち出せるかどうか

で、この基準で言うと…
ソニー デジタルHDチューナー内蔵HDD 1TB搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダー AT970T BDZ-AT970T

このあたりがコスパ的によさそうな気がします。

…ってあれ…。機能比較見る限り、HDD1TBってとこに目をつぶれば、俺この機種で良かったんじゃね…?
半額以下だぞ…?音質とか画質そこまでこだわらないし…。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/217-0752ce07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。