スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :- トラックバック : -
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/222-1170e02c

BS・CSデジタル放送を見よう! はてなブックマーク - BS・CSデジタル放送を見よう!

BS・CSデジタル放送ってなんだ?

みなさんはBS・CSデジタル放送をご存知でしょうか。聞いたことがあっても地上デジタル放送と何か違うの? と思っている方もいるかも知れません。

BS・CSデジタルは簡単に言うと衛星放送です。東京スカイツリーなどからの電波を受信している地上デジタル放送と違い、人工衛星からの電波を受信して放送を視聴することになります。
地上デジタル放送は近くの電波塔の方向にアンテナを向けますが、BS・CSデジタル放送は人工衛星にアンテナを向けることになり、またそれぞれの受信用アンテナの形状も異なっています。
そのため地上デジタル放送が見られてもBS・CSデジタル放送が見られない場合もありますし、その逆もあり得ます。まぁだいたいの世帯ではBS・CSデジタルよりも地上デジタル放送を優先して受信するでしょうから、BS・CSデジタルが見られるけど地デジが見られない、という世帯は少数派だと思いますが。
ちなみにNHK-BSの衛星契約をしている世帯は2012年6月末時点で約1674万世帯と、2010年時点の世帯数約5184万からすると約32%程度。BSデジタルを視聴していてNHKと契約をしていない世帯があればさらに積み増しがあるといった状態です。
最新データ|視聴世帯数|衛星放送協会
統計局ホームページ/国勢調査からわかったこと

このBS・CSデジタルですが、BSデジタルでは無料放送と有料放送が、CSでは主に有料放送がされています。

私がよく見るアニメでは無料放送ではBS11やキー局のBSデジタル放送局、2012年7月より無料放送枠を設けたアニマックスなどがかなりのアニメをカバーしてくれています。特に在京キー局、TOKYOMXなどの独立テレビ局が映らない地域ではなかなか魅力的です。
有料放送ではAT-XでBD・DVDなどに準ずる規制解除版が放送されたり、一部の作品は最速放送だったりと地上波でアニメが豊富に見られる地域でも魅力があったりします。主にレンタルショップでアニメを借りてみる人ならば、過去の名作がずっと放送されているアニマックスやキッズステーションなどもお金を払う価値があるかもしれません。
アニメ以外では無料放送ならば旧作映画や大リーグや海外サッカーなどのスポーツの放送などがあるようです。有料放送になればドラマ、スポーツ、音楽、バラエティの専門チャンネルなど、さらに豊かなラインナップになります。
[Dpa] 2011年 BSデジタル放送がますますパワーアップ!
CSデジタル放送 | デジタル放送配信サービス | JDS - 日本デジタル配信株式会社
スポンサードリンク

BS・CSデジタルを視るためには?

BS・CSデジタルは衛生の電波を拾うと書いたのですが、遮蔽物などで電波が届かない場合もあります。
南西の方角約220度、仰角約40度の方向に遮蔽物がなく、アンテナがしっかり固定できる環境があれば受信できる可能性は高いです。なお日本のどこに住んでいるかで微妙に角度が変わってきます。詳しくはアンテナの説明書などを参照することになるでしょう。

BS・CSデジタルを視聴できる角度は非常に繊細です。そのため強風や豪雨でもしっかり固定できる場所に設置する必要があります。あてずっぽうで調整するのもかなり無謀といっていいでしょう。仰角の方はアンテナに目盛りがあればそれでいいのですが、無ければ分度器を用意したほうがいいでしょう。方角の方は角度が書かれているコンパスなどを用意したほうがいいかもしれません。スマートフォン用のコンパスアプリも出ているようです。
スマフォ用アンテナ方向確認アプリ「BSコンパス」|日本アンテナ

さらに設置時にはテレビのチャンネルをBSに合わせて、受信されているか確認しながら角度を調整する必要があります。その場からテレビを見られない場所に取り付けする場合は、鏡を使う、テレビの音量を上げて音で確認をする、誰かに手伝ってもらって声で確認しながら、といったことが必要になるでしょう。業者に頼むこともできますが、そちらはなかなかお値段が掛かりそうです。

なお、アパート、マンションといった賃貸住宅の場合は管理者にアンテナの設置が可能か確認してからの方がいいです。あとから設置不可などと言われると出費が無駄になってしまうので。あるいは共同アンテナのようなモノがあるかもしれません。
またアンテナ設置の他に、ケーブルテレビでBS・CS放送が受信できるサービスもあるので、そちらも確認しておくと選択肢が増えるかもしれません。

アンテナを設置してBS・CSデジタル受信する場合、最低限必要な器具としては下記のモノになります。
・BS・CSチューナー
・アンテナ
・アンテナケーブル

といってもBS・CSチューナーは最近のテレビ、レコーダーにはついていることも多いです。地デジのアンテナケーブルを差している横にもう一個ケーブルを繋げられるところがあれば、それがBS・CS用のケーブルの可能性が高いです。説明書で確認してみましょう。

アンテナはBS・CS用の大きいお皿のようなモノが必要になります。
私が使っているものだとこういうものです。

また取り付ける場所の形状によって、付属の取り付け器具で大丈夫だったり、別に買う必要があったりします。
ちなみに私の場合はコンクリートのブロックに取り付ける必要があったので、それを挟むような金具を使って固定しました。

アンテナについてくる金具もアンテナによりけりと思われますので、取り付け場所のポールやカベの幅などを調べた上で、家電量販店などで実物を見る、あるいは店員に相談するといったリサーチをしておくべきです。

アンテナケーブルは地デジのケーブルと同じモノが使える場合が多いようです。

ただしアンテナはベランダなどに取り付けることになるため、テレビの設置場所によってはかなり長いケーブルが必要になります。設置場所とテレビの場所が遠い場合はアンテナ設置から配線工事まで業者にやってもらう、といったことも考慮すべきでしょう。費用は跳ね上がってしまいますが。
またアンテナケーブルはエアコンのダクトや電話線用の穴から引き込む必要があるのですが、それが難しい場合は閉めた窓の隙間を通す、隙間ケーブルといったものが必要になります。

なおアンテナはつないだチューナーから給電されるので、アンテナの近くに電源は必要ありません。

実際の取り付けはざっくりといえばチューナーにアンテナケーブルをつなぎ、BSかCS放送にテレビのチャンネルをあわせ、ケーブルとアンテナをもって取り付け場所へ行き、テレビを見ながら、あるいは音声を聞きながら角度調整といったところです。
自分の場合は直接テレビを見れる位置ではなかったのですが、ワイヤレスヘッドホンがあったので、音声が聞こえたら固定、戻ってアンテナレベルとチェック、ということを2,3回やって調整しました。

初期投資が1万円~1.5万円のほか、NHKの受信料が衛生契約になると+980円、と費用はかかりますが、もしBS・CS放送に魅力を感じている人がいましたら参考にしてみて下さい。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/222-1170e02c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。