スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :- トラックバック : -
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/227-d707fe53

光と水と音の城下町 郡上八幡に行って来ました はてなブックマーク - 光と水と音の城下町 郡上八幡に行って来ました

12/14に岐阜県は郡上八幡に行って来ました。
場所としては名古屋あたりに広がる濃尾平野から、長良川をさかのぼっていったところにあります。


私の目的はこの地で行われる講演会だったのですが、ついでと思っていた観光もなかなか楽しいものでした。


スポンサードリンク
懐かしさを感じる城下町

まず降り立った郡上八幡駅が年代を感じさせるものでした。
郡上八幡駅

町の頂きにそびえ立つ郡上八幡城の天守閣は築60年を超える日本最古の木造再建城とのこと。
急斜面で曲がりくねった道を歩いた先に、どっしりと構える天守閣が見えてくると、こんなところで攻防戦を繰り広げた戦国時代はすごい時代だったのだなぁなどと思いました。
郡上八幡城

最上階からは町が一望できます。
城からの遠景


城を降りてきた街の中心部は江戸時代の城下町の面影が色濃く残っていました。
(写真撮り忘れ)

風情のある明かりと小川のせせらぎが聞こえる夜の町

お城を見終わる頃には日も暮れてきて、宿にチェックインすると町は真っ暗に。
翌日もそれほど観光に割ける時間はなかったので、夕食の場所を探しながら夜の郡上八幡を散策することにしました。
この夜の郡上八幡が個人的にはすごく良かったです。

夜景城

綺麗にライトアップされた郡上八幡城を見ながらぶらぶらと歩いていると何やら提灯を発見。
宗祇水

これは宗祇水と呼ばれる名水百選の第一号に指定された湧き水。
今でも飲用、米や野菜の水洗いに使われているという名水です。
この宗祇水にかぎらず、この郡上八幡はいたるところに水路、小川があり、私の目と耳を楽しませてくれました。

そしてその小川とセットになっていたのが統一感のある灯り。
resize0115.jpg

この郡上は日本三大盆踊りの一つ、郡上おどりが行われている場所なのです。
今回は時期が違うので見られませんでしたが、7月中旬から9月上旬にかけて33夜にわたって踊りがあるとのこと。そしてお盆には夜を徹して踊る徹夜踊りまであるとか。

今回郡上おどりが見られなかったのは残念ではあるのですが、その代わりというべきか、静かな冬の町に微かに聞こえる小川のせせらぎ、町をゆるやかに照らす灯りとそれに照らされた雪、というのも乙なものでした。
resize0112.jpg resize0114.jpg

resize0116.jpg


美味しい郷土料理

ひと通り町を歩き、郷土料理の看板がかかったお店に入ることにします。
注文したのは志し鍋。
他にも長良川で取れる鮎などが郡上の名産になるのですが、鮎は初夏から夏にかけてが旬、そして寒い冬ならば鍋だろう、ということで志し鍋をセレクト。

しかし町並みもさることながら、このお店も囲炉裏があったりと懐かしさというか時代をさかのぼったかのような感触のあるお店でした。
resize0117.jpg

私は猪といえば臭みがある、と思っていたのですが、しっかりと血を抜いた猪は全然臭くないと説明をうけます。
それを証明するかのように味付けは味噌ではなく醤油ベース。
猪の味をそのまま楽しめるようにとのことです。
実際に口にしてみるとほとんど臭みという臭みは感じず、ぺろりと平らげる事ができました。
resize0121.jpg

猪の他にもおそらく現地でとれたものも多いだろう山菜、野菜を使った料理がたくさん。
素朴ながらに滋味に富んでおり、これだけでもご飯が何杯でもいけそうです。
resize0118.jpg

resize0122.jpg

長良川と自然

翌日は講演会が予想よりかなり長かったのでほとんど観光らしい観光をせずに慌ただしく出発することに。
帰りの長良川鉄道から見た長良川は、雪化粧もあってどこか引き締まった表情を見せていたような気がします。
resize0125.jpg resize0126.jpg


いつか見てみたい食品サンプルと鍾乳洞、そして鮎

この他郡上八幡では食品サンプルづくりが盛んで、なんと全国シェアの60%を占めているとか。
また駅と市街地からはやや離れていますが鍾乳洞もあってツアーも組まれているそうで。
郡上八幡に来たきっかけは講演会という観光とは全然違うものでしたが、ちょっと調べてみると見所の多い町でした。

夏は鮎釣りもできるということですし、何かの機会に盆踊りと鮎釣りを楽しめる頃にもう一度行ければいいなぁと思いながら郡上八幡を後にしたのでした。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/227-d707fe53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。