スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :- トラックバック : -
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/236-7986bfcb

今住んでいる部屋の庭に生息している植物たち はてなブックマーク - 今住んでいる部屋の庭に生息している植物たち

去年の夏は庭の草がぐんぐん伸びて、洗濯物に触れるぐらいまで成長していた。
それらを抜こうにも、10分庭にいればアチラコチラを蚊に刺される。なんちゅー庭だ。

なので今年は蚊が発生する前に草をあらかた引っこ抜いたのだが、抜いても抜いても生えてくる。

こいつら一体何者なんだ?と思って調べてみた。
スポンサードリンク


カタバミ

resize0730.jpg

カタバミの育て方

駆除が難しい雑草:植えるべからず
地下に球根があり、その球根から、太い根を出し、また匍匐でも増え、種が出来ると、その種が勢いよく飛びだして繁殖するという、ほとんど出来うる限りの繁殖方法で増えるため、一旦生えてくると駆除が難しい雑草。



シソ

resize0731.jpg
横着園芸 シソ(紫蘇)

交雑

シソ科の植物はたいへんな助平であり、油断をするとどんどん交雑する。

交雑してできたタネから芽が出始めると想像しただけで恐ろしい世紀末が到来するから、十分な注意が必要だ。葉の形状はそっくりでもまったく香りがないシソや、やけにゴワゴワしているシソが食卓に並んだときのことを考えてみたまえ。



ドクダミ

resize0732.jpg
ドクダミの育て方

問題は繁殖力と匂い
ドクダミは、一度植えると地下茎が残っていて抜いても抜いてもまた生えてきます。雑草を駆逐するほどです。そして、臭い。悪臭といっても腐臭とか糞の匂いとかそういった感じではなく、化学物質のような匂いです。とにかく、良い匂いではなく、気分が悪くなります。
庭に植えているだけでは匂いはしません。葉っぱをむしるなどすると、匂いがするようになります。



わりと強靭な草たちが多いようだ。

…俺たちの戦いはこれからだ!
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/236-7986bfcb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。