スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :- トラックバック : -
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/242-a5254493

匠の技らしい天然煤竹耳かきでとても気持ちよく耳掃除ができた はてなブックマーク - 匠の技らしい天然煤竹耳かきでとても気持ちよく耳掃除ができた

自分の耳掃除は耳かきと綿棒を両方使っています。
耳かきで大物を狙い撃ちした後、綿棒で残りを巻き取るようなイメージです。

そのうち綿棒の方はスパイラルヘッドの黒綿棒を愛用しています。


スパイラル形状のお陰で力が面に分散せず、段差の山部分に集中していい感じに耳垢を巻きとってくれます。
また黒という色も耳垢を確認するのにもってこいで、ごっそりとれた感を演出してくれます。

スパイラルヘッドの黒綿棒の満足感に対して、私は耳かきの方にはあまり満足していませんでした。
最近は100円ショップで買った黒い耳かきを使っていたのですが、どうも当たり方がソフトすぎるのです。

私の求める耳かきは上手く耳垢を剥がし、キャッチしてくれるモノ。
できれば耳かきの皿部分を隠すぐらいの大物を掘り出せるモノ。
過去スクリュータイプの耳かきも試したのですが、そちらは私の耳掃除欲を満たしてくれませんでした。

そこで今回は薄く、小さい耳かきを探しました。
見つけました。
これです。
匠の技 最高級煤竹耳かき 2本組


ご大層な名前がついていますが近くのドラッグストアでは500円で買うことが出来ました。
ただ使用感は名前負けしておらず、とても満足しています。
スポンサードリンク

まず100円の耳かきと比較してみると一目見て軸部分の細さ、皿部部分の小ささが違うとわかります。
resize0916.jpg

それに対して皿部分の薄さは目で見てそこまで違いがあるようには見えません。
resize0917.jpg

ただ使用感は全く違うものになっています。

100円の耳かきでは耳の中に入れているのがただの棒だとしか感じませんが、煤竹耳かきでは耳の中に入れているのが竹であることを感じます。
軸の細さのおかげかしなりを感じるのです。
そのしなりのおかげもあるのか、微妙な力加減の調整がしやすいように感じます。

また皿の薄さ、小ささのためか小さい力でも効率よく耳の壁まで力が伝わります。
これによって耳垢の存在を感じた後、余計な力を入れること無く、カリカリと優しく掻きだしてあげるという行動が取れるようになりました。

おかげで100円耳かき時代ではとれていなかった大物をいくつも取ることが出来ました。

ただ個人的難点として、あまりにも取れすぎてしまい、おもしろがって必要以上に耳掃除をしてしまう点が挙げられます。
先ほども耳掃除をしたのですが、掃除中には感じなかったちょっとした痛みを今になって感じ、やり過ぎたな、と思っています。

耳垢の存在を感じるのに、今の耳かきだと上手く掻き出せない、そんな不満を持っている人は一度試してみてはいかがでしょうか。
匠の技 最高級煤竹耳かき 2本組
匠の技 最高級煤竹耳かき 2本組

ドラッグストアでも500円くらいで売ってると思います。
web拍手 by FC2このエントリーをはてなブックマークに追加 コメント :0 トラックバック : 0
関連記事
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jamixed.blog47.fc2.com/tb.php/242-a5254493

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。